【写真展】三條康貴/サンジョウヤスタカさんの #ボクナリノカタチ

活動紹介

公開日 2023年1月3日
更新日 2023年1月6日

フリースタイル市川公式Webサイト(当サイト)内の、「フリースタイル市川とは」というページを見たことはありますか?

見た記憶がないな、という人は、この記事を読むのを一旦ストップしていただき、

このページをご覧ください。メンバーの写真が掲載されています。

また、昨年(2022年)に惜しまれつつ42年間の歴史に幕を下ろした、パティオで営業していた書店、「ときわ書房本八幡店」さんへの、皆様から寄せられた、お店にまつわる想い出やお店へのメッセージを掲載した、こちらのページ

の写真を是非ご覧ください。今、読んでいただいているこのページを離れてでも。

これらの写真を撮影してくれたのは、フリスタのメンバーでもある、フォトグラファーの三條康貴さんです(サンジョウヤスタカ名義での活動もあり)。

フォトグラファー 三條康貴 公式Webサイト
https://www.makuhali.jp/about

フォトグラファー三條康貴 公式Twitter
https://twitter.com/yaccham

その三條康貴さんが京成八幡駅の近くに構えるギャラリー「SUNSTORE(サンストア)」で、写真展(常設展)が行われるとの情報をキャッチしました。

SUNSTORE
https://www.makuhali.jp/sunstore

題して、「イチカワシのヤバい奴ら」

市川市で活躍する人物を撮影したポートレイトが多数展示されるそうです。

「市川市内で活躍する仲間、先輩達を自分なりの形、ポートレートで切り取りました。ヤバい=素晴らしい人柄、その人となりが分かるそんな人達を写真で見てもらえれば」(サンジョウヤスタカ公式Twitter https://twitter.com/yaccham/status/1609151819342843909 より)

そして、市川駅南口図書館(通称えきなん)で、2023年1月5日から1月29日まで、「市川大野の梨園の四季を追う」と題した写真展示を行うそうです。

重田辰雄梨園の様子を三條康貴さんが撮影した写真が展示されます。重田裕介さん※1は筆者とは市川市立大野小学校の同級生です。

三條さんが撮影する写真には、例えばSNSで投稿される場合などに、しばしば #ボクナリノカタチ というキャプションが添えられています。「自分らしく」「自分なりの」といった言葉に近い意味だと思いますが、どことなく、控えめというか、さりげなさを感じさせる表現で、しかし、流されない強さも同時に感じます。他者に対して主張する「自分らしさ」ではなく、力の抜けた「自然体で」というニュアンスでしょうか。

フリースタイル市川のメンバーの多くは、この #ボクナリノカタチ という表現がお気に入りなのです。

筆者は2021年12月15日から2022年1月31日まで「SUNSTOE」で開催された「ボクノバショ展」に赴き、三條康貴さんが撮影した写真を堪能しました。今年開催される「イチカワシのヤバい奴ら」(SUNSTORE)と「市川大野の梨園の四季を追う」(市川駅南口図書館)も楽しみです。

* * * * *

〈注釈〉

※1:2020年から実家の梨農園に従事する重田裕介さんは、筆者とは市川市立大野小学校時代の同級生で、2020年10月24日に全日警ホールで開催されたフリースタイル市川の「キックオフミーティング」で、堂々たる講演を披露してくれました。

2020年10月24日に全日警ホールで開催されたフリースタイル市川のキックオフミーティングで素晴らしい講演を終えた直後の重田裕介さん(左)と筆者(右)。撮影:くずはらまりさん
2020年10月24日に全日警ホールで開催されたフリースタイル市川のキックオフミーティングで素晴らしい講演を終えた直後の重田裕介さん(左)と筆者(右)。撮影:くずはらまりさん
タイトルとURLをコピーしました