【第10回いちカイギ】9月18日(土)開催です

いちカイギ

皆さん、最近、プレイしていますか?
 
プレイすること、遊ぶこと。
些細なことでも楽しむこと。
いつでも、そうありたいと思ってはいても、コロナ禍の現状、様々な制約を課せられ、思うようにプレイできていない――そんな方も多いと思います。
そんな時だからこそ、おすすめしたいイヴェント、それが、『第10回いちカイギ~秋のプレイリスト~』です。
  
9月18日(土)の15時からの2時間、お気に入りのおやつをムシャりながら※1、コーヒーを飲みながら、リラックスした気持ちで『いちカイギ』に参加してみてはいかがでしょうか。
  
今回のサブタイトルは『秋のプレイリスト』です。
プレイリストとは、演奏や再生する音楽の曲目リストの意味です。
第10回いちカイギに登壇する3組のゲストの言葉は、皆さんの胸の中で、どんな音を響かせるでしょうか。皆さんはどんなリズムを感じるでしょうか。
 
ゲストの話を聴くことで、参加される皆さんも、市川をこんな風に楽しみたい、プレイしたい、一緒にプレイする仲間を見つけたい、という気持ちになってもらえたら嬉しいです。
  
なお、参加方法はZoomによるオンラインですが、メイン会場の『KeiyoGAS Community Terrace』(通称:てらす、所在地:本八幡南口)をはじめ、市内数か所からの生中継を通じて、皆さんと交流し、楽しい時間を過ごしたいと思います。

それでは、『第10回いちカイギ~秋のプレイリスト~』のゲスト3組をご紹介します。

『第10回いちカイギ~秋のプレイリスト~』のゲストです。右上から時計回りに、和田京子さん(NPO法人市川子どもの外遊びの会代表)、佐藤 宏昭さん&弥生さん(MIKAZUKI.Design)、ノスタルジー鈴木さん&ルミエール石垣さん(ノスタルジー&ルミエール)です。

それでは、『第10回いちカイギ~秋のプレイリスト~』のゲスト3組をご紹介します。

●和田京子(わだきょうこ)さん NPO法人市川子どもの外遊びの会 代表
和田さんは、学校に行っている子もいない子も、障害がある子もない子も、どんな子でも遊びに来られる居場所をつくりたい、という思いで、10年前に「市川子どもの外遊びの会」を立ち上げました。
今は市川市内でプレーパーク(市川冒険あそびぼ)を月に3回程度開催しており、「遊び」を通して0歳児~おじいちゃんおばあちゃんの世代までが、楽しく過ごしています。
いつか毎日プレーパークが開けるようになることを目標に、活動を続けています。
NPO法人市川子どもの外遊びの会 https://ichikawaasobibo.wixsite.com/sotoasobi

●佐藤 宏昭さん&弥生さん(さとう ひろあき&やよい)夫妻 MIKAZUKI.Design(ミカヅキ・デザイン)
都内で働いていたお二人は、ある時、自分たちの住む鬼越の人とのつながりがないことに気付きました。鬼越を楽しみたい、みんなに好きになってほしい、そんな想いで「デザインの力で地域をおもしろく」をコンセプトに、MIKAZUKI. Designを立ち上げました。
デザイン事業に加えて、町おこしのため「鬼越鬼おこしプロジェクト」を開始。このたび事務所兼ショップを鬼越駅前に持つことになり、鬼越ブランド「Onigo」の運営だけでなく、地域の人たちと繋がりながらイベントや面白い企画などを行なっていく予定です。
MIKAZUKI.Design https://mikazukidesign.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/MIKAZUKI.Design
鬼越鬼おこしプロジェクト https://www.facebook.com/OnigoeOniOkoshiProject.MIKAZUKI.Design
イチカワニヒトツマミ https://www.instagram.com/ichikawani.hitotsumami/
Onigo(鬼越ブランド) ECサイト https://onigo.official.ec/
市川LINEスタンプ https://store.line.me/stickershop/author/1298936/ja

●ノスタルジー鈴木さん&ルミエール石垣さん ノスタルジー&ルミエール
「ノスタルジー&ルミエール」は、その名の通り、ノスタルジー鈴木※2と、ルミエール石垣さんから成る、市川市で活動する小さな楽団です。
2020年12月18日に開催された『第1回いちカイギ』の会場となった妙典のgate.で、登壇を終えたばかりのルミエールさんと、いちカイギの最中に、真間を出発し、市川を経て妙典に辿り着いたばかりのノスタルジー鈴木が、趣味の音楽制作について言葉を交わし、リズムが弾けたことが、事の発端でした。
いちカイギで意気投合し、楽団を結成した二人は、「人と出会って街を好きになる」といういちカイギのコンセプトを体現しているとも言えます。

いちカイギに参加したことがない方は、こちらの動画(『第9回いちカイギ』のダイジェスト)をご覧ください。この音楽「いちカイギのテーマ※3」を担当しているのがノスタルジー&ルミエールです。

・動画制作:jumps
・写真:サンジョウヤスタカ、くずはらまり

『第10回いちカイギ~秋のプレイリスト~』開催概要
開催日:2021年9月18日(土)
時間:15:00~17:00
参加方法: オンライン(Zoom)
申込方法:peatixによる https://ichikaigi010.peatix.com/
主催:NPO法人フリースタイル市川、KeiyoGAS Community Terrace(てらす)

■いちカイギとは
市川市で地域に想いを持って活動している人とその生業を通じて、地元市川を知り、つながり、好きになるための定期イベント。毎回3~4名のゲストスピーカーに御自身のこと、生業のこと、市川に対する思いなどを話してもらい、ゲスト同士、参加者同士、ゲストと参加者で交流していただきます。

※1 ムシャる=食す、食べる、喫食する。
※2 この文章を執筆している本人がノスタルジー鈴木自身なので、敬称は付けません。いいだろう?ミスター・マイセルフ。

※3 「いちカイギのテーマ」の歌詞は下記の通りです。

「いちカイギのテーマ」の歌詞です。みんなで覚えて歌いましょう!


タイトルとURLをコピーしました