メンバーが千葉商科大学で特別講義をおこないました

活動紹介

5月6日に、千葉商科大学人間社会学部の和田義人先生にお声がけいただき、メンバーの野口と釘抜が3年生のゼミ生に向けて特別講義を行いました。
3年生を中心に、地域活動に興味のある1年生から4年生までの学生が総勢40名ほど集まってくれました。

はじめに、千葉商科大学の卒業生でもある釘抜が、生まれ育った街でブルワリーを作ることへの思いを話しました。

学生の皆さんに溢れんばかりの想いを語るセンチメンタル釘抜

▼「まるやブルワリー」facebookページ
https://bit.ly/3urVm0Q

  
続いて、野口から、地域と積極的に関わることで、自分の世界が広がり、地域自体が面白くなっていくと感じた経験をお話ししました。
地域活性化は、周りの人と積極的につながることから始まるもので、決して特別なことではない、ということをお伝えしました。

真剣な表情で学生の意見に耳を傾けるズン野口

また、千葉商科大学の助成制度「地域志向活動助成金」に応募し、先日採択されたフリースタイル市川の新プロジェクトについて説明をしました(5月中にプレスリリース予定)。

▼千葉商科大学「地域志向活動助成金制度」について
https://www.cuc.ac.jp/news/2020/chiki_katsudo2021.html

フリースタイル市川の活動をきっかけに、多くの学生に地域活動に関心を持ってもらい、自分のできることから地域に関わりを持ってもらえればうれしいですね。フリースタイル市川のメンバーも、若い学生の皆さんと一緒に地域活動に取り組むことを楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました