!ka !ch!kawa の世界にようこそ

活動紹介

こんにちは。

フリースタイル市川では、「カルチャー」と「マーケティング」を2本柱に活動している鈴木 雄高です。

今日はフリースタイル市川の音声メディア(Podcast)、「!ka !ch!kawa」についてご紹介します。

!ka !ch!kawa のロゴ

「!ka !ch!kawa」とは何か?

まず、読み方ですが、「イカ市川」と読みます。イカ?そうです。イカです。あの、イカです。

イカというのは、「ワ」のことでもあり、「イカした人・場所・素敵なサムシング」のことでもあります。

表記を「!ka !ch!kawa」としているのは、「ika ichikawa」でも良かったのですが、愛= i はあるけれど、驚き= ! がないな… じゃぁ、いっそのこと、「愛を驚きにチェンジしてみよう」と思ったためです。

では、「!ka !ch!kawa」とは一体何なのか?と言いますと、

『イカ市川』とは、言うなれば千葉県の市川市を主たるフィールドとしてお届けする音声コンテンツで、「イカした人たち」を紹介したりもします。
なお、ノスタルジー鈴木と稲村ジェーンは、市川市でまちづくりを実践する団、『フリースタイル市川』のメンバーでもあるので、広義のまちづくりにまつわる放送も増やしていく構えです。

https://anchor.fm/ikaichikawa/

と、「!ka !ch!kawa」のWebページの紹介文には書かれています。

書かれていますと書きましたが、この紹介文を書いたのは、他ならぬ私、鈴木雄高です。そして、上記文中で名が挙がっている2名の人物、

  • ノスタルジー鈴木
  • 稲村ジェーン

のうち、ノスタルジー鈴木と私は同一人物、同一人格です。そしてもう1名、稲村ジェーンさんですが、この人物もフリースタイル市川のメンバーズのひとりであり、私たち2名がこの音声コンテンツ「!ka !ch!kawa」のメイン・パーソナリティを務めています。

「!ka !ch!kawa」 のWebサイトはこちらです(これまでの放送をリッスンすることができます)。

!ka !ch!kawa (イカ市川) • A podcast on Anchor
『イカ市川』のポッドキャストです。『イカ市川』とは、言うなれば千葉県の市川市を主たるフィールドとしてお届けする音声コンテンツで、「イカした人/場/出来事/歴史等」を紹介したりもします。 なお、パーソナリティのノスタルジー鈴木と稲村ジェーンは、市川市でまちづくりを実践するNPO法人『フリースタイル市川』( ) のメンバ...

そして、最新の放送回はこちらでリッスンできます。

チナ・ミニ、この記事を執筆する直前に公開した「!ka !ch!kawa」の放送分を、イカ(以下)でお聴きいただけますので、試しにリッスンしていてはイカがでしょうか。

ハタシネマと鬼越名物シリーズ(!ka !ch!kawa)

なお、この放送回「ハタシネマと鬼越名物シリーズ」では、イカのようなことを話しています。誰が?ノスタルジー鈴木が。

  • フリースタイル市川NPO法人化したこと
  • フリースタイル市川ロゴマークが正式に決まったこと
  • 本八幡駅前にかつて存在した映画館ハタシネマが今も存在し続けるという珍説について
  • 市川市鬼越のデザイナー「MIKAZUKI.Design」さんの「イチカワニヒトツマミ」について
新進鬼鋭のデザイナー MIKAZUKI.Designさんによるフリースタイル市川のロゴマークです

というわけで、フリースタイル市川にとって、かなり重要な出来事である、「NPO法人化した」ということと、「ロゴマークが決定した」ということについて、「!ka !ch!kawa」の紹介の中で、より具体的な話は音声コンテンツにおいて、サラッと触れてみました。まるで秋風が髪を軽く揺らして去っていくかのように。

「!ka !ch!kawa」は、通常、ノスタルジー鈴木と稲村ジェーンの2人のお喋りをお届けしているのですが、上でご紹介した放送回は珍しくノスタルジー鈴木が単独でお送りしました。放送が気に入った方は、別の回もリッスンしてみてください。また、こんな内容について放送してほしいといった(涙の)リクエストがあれば、是非お知らせください。

※2021年5月17日 追記
!ka !ch!kawa が Twitterを始めました!
ユーザー名は @ikaichikawa です。
番組をお聴きいただいた感想や、おたより、取り上げてほしい話題やテーマがあれば、Twitterを通じてお知らせください。
https://twitter.com/ikaichikawa

また、メールでも感想・おたより・取り上げてほしい話題やテーマなどを受け付けます。ラジオネームを添えて、ご連絡ください(アドレスは🦑を@に変えてください)。
ikaichikawa1🦑gmail.com

「それでは、次回の!ka !ch!kawa の放送でお会いしましょう。 ノスタルジー鈴木がお送りしました」

コメント

タイトルとURLをコピーしました