地域経済活性化

コラム

【コラム】デジタル地域通貨「ICHICO」 来期は1年に渡って5エリアで実施予定

2022年の市長選挙で当選して市長となった田中市長は(ここまでの23字の中に「市長」が3回も登場しています)、2022年6月の所信表明演説で「デジタル地域通貨」の導入に意欲を見せ、同年11月には、導入が正式に決まりました。そして、2023年...
コラム

【コラム】デジタル地域通貨「ICHICO」を寄付できる仕組みがあれば

執筆日 2023年4月15日公開日 2023年4月18日フリースタイル市川では、昨年(2022年)の7月4日に、「【コラム】もしデジタル地域通貨「いちコイン(仮)」が導入されたなら」と題した記事を公開しました。その5か月後には、こんな記事を...
コラム

【コラム】市川市のデジタル地域通貨「ICHICO」

公開日 2023年3月7日「広報いちかわ」(2023年3月4日号、No.1707)の12面に、「デジタル地域通貨『ICHICOいちこ』でまちを元気にしよう」と題された囲み記事がありました。広報いちかわ(2023年3月4日号、No.1707)...
コラム

【コラム】市川まちガチャを回せば、地域経済も回る

公開日:2022年12月19日更新日:2022年12月20日2022年7月19日に、「市川まちガチャ」の紹介記事を書きました。また、2022年12月14日には、地元のお店を利用することは、地域活性化(地域経済活性化)に寄与するということを書...
コラム

【コラム】市川市でデジタル地域通貨が導入されます

市川市では2023年5月から7月にかけて、八幡地区でデジタル地域通貨の実証実験を行います。8月から効果検証を行い、11月頃からは事業規模を拡大していく予定となっています。田中甲市長は、2022年の市長選挙前に行われた、立候補者の討論会の場でも、「経済活性化のため、デジタル地域通貨を導入する。つまり、お金の地産地消だ」という趣旨の発言をしていました。デジタル地域通貨導入効果として考えられる主なものは、①地域内経済が活性化し、循環すること、②地域コミュニティのベースになり得ること、③経済活動が可視化されデータ活用が可能になること、と言われています(出所:NECソリューションイノベータWebサイト、「デジタル地域通貨は地域活性化の切り札になるか」(2022年4月8日)、 https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sp/contents/column/20220408_local-currency.html)。